株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

パスツレラ症

パスツレラ症

猫では100%この菌をもっている、猫の口腔内には100%、爪には70%この菌が存在します。犬では口腔内に75%の高率でパスツレラ菌が存在してます。
近年のペットブームで人への感染例が急増中で、日常犬猫と接する機会が多いブリーダー様にとっても注意すべき病気です

病原体 

パスツレラ・ムルトシダ p.muluticida p.canis p.dagmatis p.stomatisの4種が確認されている。

関係する動物  

   犬、猫

感染経路

犬や猫の口中や爪に存在するため、咬傷、引掻き傷で感染することがあります。
ペットに口移しでエサをあげるなど過激なスキンシップでも感染します。
まれにペットの唾液の飛沫から感染する場合も報告されてます。

動物の症状

ほとんど無症状であるがまれに気管支炎をおこす。

人の症状

傷口が熱をもち、腫れて化膿する。傷の部位や程度によって骨髄炎になる場合がある。
呼吸器関連: 軽い風邪様から重篤な肺炎までさまざま
皮膚関連:咬まれたり引掻かれたりしてから30分から2日で傷口に激痛が走り発赤や腫脹をおこし重篤な場合は骨髄炎や敗血症をおこします。

人の予防法

犬猫の爪を切る、犬猫から噛み傷やひっかき傷を受けないようにする。
ペットを寝室に入れない。一緒に寝ない。
特にブリーダーさんはコロニーの清掃手入れ餌やり時は本症の予防の意味からゴム手袋の装着を進める。

動物の治療と予防

常在菌であり治療予防の方法は無い
a:1470 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional