株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

パテラ

パテラ・膝蓋骨脱臼

  • 膝蓋骨は、一般に言われる[膝の皿]です。小型犬では、生まれつきの異常で膝蓋骨が内側に外れやすいイ子が見られます。正常であれば、人の手で軽<膝の皿を押しても外れません。
  • 軽度の異常では、皿を押したときに外すことができますが、その手を離せば、皿は元の位置に戻ります。
    このような状態であれば、治療の必要はありません。しかし、その手を離しても自然には戻らないもので、人の手で戻してあげたり、または犬が自分で屈伸運動することで元の位置に戻るものの一部で、重症のものは将来、手術が必要になることがあります。
  • 更に重度で、膝の皿が、常時外れているものや、外れた位置から戻せないものは、大きな手術が必要であったり、治療が困難であったりします。日常生活の中で、ジャンプをさせないことや、滑りにくい床など環境を整え、膝に負担をかけさせないとも大切です。遺伝性の疾患といわれる為、繁殖には不向きです。
    目次へ

【受入基準】

  • トイプードル、ポメラニアン、ヨーキーはG2 まで可。
    他の犬種はG1 まで可。
    目次へ

原因

  • この病気原因としては、先天性あるいは遺伝性、もしくは事故などによる後天性とに分けられます。
  • また、小型犬は膝蓋骨内方脱臼が非常に多く、中大型犬は外方脱臼が多くみられます。
    目次へ

症状

症状は病気の進行状況で以下の4つのグレードに分かれます。

  • グレード1:膝蓋骨は手で押すと脱臼するが、手を離せば正常位に戻ります。
    日常生活の中では脱臼を起こすことはまれで、無症状のことがほとんどです。
  • グレード2:膝蓋骨は膝を屈曲するか手で押せば脱臼し、膝を伸展するか手で押せば戻る。日常生活には支障はないが、脱臼時は跛行がみられます。足を後ろに伸ばして脱臼を整復するしぐさがみられることがあります。脱臼が戻ると普通に歩行できます。
  • グレード3:膝蓋骨は常に外れたまま(脱臼したまま)で、手で押せば整復が可能だが、手を離せば簡単に脱臼する。
    跛行が顕著となり、腰をかがめ、内股で歩くようになることが多くみられますが、跛行の程度は軽度であり、全く跛行を示さない場合もあります。
  • グレード4:膝蓋骨は常に脱臼したままで、手で押しても整復できない。
    重度の骨の変形となり、膝関節を伸ばせないので、足を曲げてうずくまるような姿勢で歩いたり、最小限しか地面に足を着けないような歩様になったりします。
    目次へ

診断

  • 膝蓋頭骨脱臼は触診でわかりますが、レントゲン撮影で正確な診断ができます。
    目次へ

治療

  • 軽度の異常では、皿を押したときに外すことができますが、その手を離せば、皿は元の位置に戻ります。
    このような状態であれば、治療の必要はありません。しかし、その手を離しても自然には戻らないもので、人の手で戻してあげたり、または犬が自分で屈伸運動することで元の位置に戻るものの一部で、重症のものは将来、手術が必要になることがあります。
  • 更に重度で、膝の皿が、常時外れているものや、外れた位置から戻せないものは、大きな手術が必要であったり、治療が困難であったりします。日常生活の中で、ジャンプをさせないことや、滑りにくい床など環境を整え、膝に負担をかけさせないとも大切です。遺伝性の疾患といわれる為、繁殖には不向きです。
    目次へ

予防

  • 床がフローリングの場合は、絨毯などを敷くなどして滑りにくくする
  • 体重制限ダイエット 足に負担をかけない
  • 足裏の毛はカットする
  • ジャンプや飛び降りは禁止 ソファ、階段
  • 過度のスポーツは避ける

よく見られる犬種

  • チワワ
  • トイプードル
  • パピヨン
  • ポメラニアン
  • ヨークシャー・テリア
  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
    目次へ
    a:5733 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional