株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

マイクロチップとは

MenuBar

マイクロチップとは

首元に装てんするペットの身分証明書です。マイクロチップには世界で唯一の番号(データ)が記録されており、飼い主様の情報を世界の何処に居ても確認することができます。

マイクロチップの情報は

  • AIPO(動物ID普及推進会議)のAIPO事務局(社団法人日本動物保護管理協会)が行っています。
  • ペットの情報は、飼い主様の情報のデータ(15桁のID番号)は弊社からAIPOへ登録代行いたします。登録が完了しますとAIPOから『登録しました』とハガ半が届きます。
  • 変更 初回以降変更があった場合はお客様ご白身で変更手続きをお願い致します。
    ペットの身分証明書


    目次へ

万一、迷子になってしまった場合には

  1. ペットが保護される
  2. 動物病院、動物愛護相談センター等でマイクロチップを読み取り
  3. ID番号をAIPOが照会
  4. 飼い主様の連絡先を確認

上記の流れで、速やかに飼い主様へ連絡が出来る画期的な物です。

飼主の責任

動物愛護法第7条では、飼い主責任としで自分か所有者であることを明らかにする義務(明示義務)があります。マイクロチップは、ペットの皮下に埋め込むことから外れたりする心配はなく、環境省も推奨しています。

どんなときに役立つの?

具体的には迷子、盗難、逃亡、災害、事故など不慮の事態に陥ったときです。
たとえば、
•迷子や逃亡した先で保健所や動物管理センターに収容された
•迷子中、事故に遭い動物病院に運び込まれた
•災害や事故に遭って行方不明に、またはパニックを起こして逃亡
•盗難に遭い、見つけることはできたが自分のペットだという証明ができない
•ペット同伴の海外赴任や旅行  など

動物病院へ持込み

身元不明のペットを持ち込まれた保健所や動物管理センター、動物病院などでは、リーダー(読み取り器)でマイクロチップの番号を読み取って、飼い主に連絡をとってくれます。またペットが入国・出国する場合は、検疫制度によりマイクロチップの装てんが義務づけられています。

※機関・動物病院によってリーダーを所有していない場合があります。

目次へ

マイクロチップ実物

マイクロチップ実物

長さ約11~13.5mm×直径約2mmの細長いカプセル状で、中のICチップに固有の番号が記録されています。番号は、国コード、動物種コード、メーカーコード、個体番号から成る15桁。リーダーから発信した電波をマイクロチップに反射させて読み取る仕組みで、マイクロチップ自体が電波を発したり電池を必要とはしないので、半永久的に使用することができます。カプセルは生体適合ガラスなど拒絶反応を起こさない素材でできており、装てんによってアレルギーなどの副反応が起こることは非常にまれです。

マイクロチップ使用方法

マイクロチップ・スキャナー
チップの中の情報は、あらかじめデータ管理機関であるAIPO(動物ID普及推進協議会)に登録されます。迷子ペットを持ち込まれた保健所や動物病院はリーダーをかざして番号を読み取り、AIPOに問い合わせることで飼い主の情報を入手することができます。
AIPO(動物ID普及推進協議会)

目次へ

マイクロチップ種類と読み取り

現在、日本では4社がマイクロチップを販売しています。4種類ともISO規格のもので互換性があるので、どれが埋め込まれていても1つのリーダーで読みとることができます。
ISOとは、International Standards Organization(国際標準化機構)の略で、品質管理システムの国際規格です。

装填方法

マイクロチップ装填

身体に入れても痛くないし、一度装てんしたら一生使えるんだよ。
身体に傷をつけて埋め込むなんてかわいそう・・・?
いえいえ、マイクロチップは予防接種と同じように注射で装てんすることができ、痛みもほとんどありません。傷も残らず、異物が入っている違和感もありません。1度装てんすれば約30年は機能するので、 ペットのIDを一生に渡って証明してくれます。

  • 専用器具で装填
    専用の器具を使って、犬猫の場合は肩甲骨の周辺に皮下注射します。通常の注射針よりは太いですが、わずか数秒なので痛がることもなく、予防接種時と同じくらいの反応という報告が多いようです。ただし個体差があるので、神経質なペットの場合は局部麻酔や鎮痛剤を使用することもあります。
  • 耐久性は?体内で壊れたりしないの?
マイクロチップの耐久性

マイクロチップは25~30年は使えるように設計されているので、ほとんどのペットの場合、1度装てんすれば一生機能します。また体内で移動しないように、ポリプロピレンのキャップが付いているもの、表面処理を施したものなど、それぞれ形や素材が工夫されています。

目次へ

生後,何日で装填可能か?

通常、犬は生後2週齢頃から、猫は生後4週齢頃から装てんすることができ、目安としてペットの大きさが5cm以上あれば装てんは可能といわれています。しかし個体差があるので、心配な方はかかりつけの病院で相談すると良いでしょう。多くは予防接種の時期である生後1カ月~2カ月くらいで装てんすることが多いようです。

マイクロチップの現状と将来

  • 海外では当たり前
    欧米に比べて日本では、まだまだマイクロチップは普及していません。それどころか、どんなものか知らない、知っていても詳しい情報が得にくい、という飼い主さんも多いのが現状です。大切なペットの大きな不安を解消してくれるマイクロチップ。まずは飼い主さんたちの認知度を高め、意識を変えていくことが求められています。
  • ペットと海外に行く場合は絶対に必要です
海外入国検疫

ヨーロッパではマイクロチップを義務化している国が増えており、ペット同伴の旅行や赴任の場合、装てんしていないと入国できないことがあります。その流れは世界レベルで進んでいて、アジアや環太平洋の代表的な国々がマイクロチップの法制化を進めています。またペット同伴の海外旅行の際、日本の検疫制度ではマイクロチップの装てんを条件に、入国時の係留期間が12時間以内に短縮されました。(旧制度では14~180日)
農林水産省・動物検疫所ホームページ

  • 日本の普及率

欧米やオーストラリアなどでは動物保護団体が普及活動を進めた結果、一般のペット愛好家たちへ広くマイクロチップの意義が浸透した経緯があります。一方、日本での普及は残念ながらまだ進んでいるとはいえません。AIPO(動物ID普及推進会議)に登録されたマイクロチップの数から推測すると、日本の飼い犬・猫の装てん率は約0.1~0.2%という試算が。 また、リーダーを導入している動物病院は全体の半数未満、保護センターや警察はさらに少ないといわれています。 ※平成28年度(1月末時点)
犬のうち、マイクロチップ登録を実施しているのは1009438頭、
猫のうち、マイクロチップ登録を実施しているのは240964頭です。
犬猫合計で1250402頭になります。

また装填を積極的に進めている、株式会社AHBで装填した累計の頭数は249525頭になり、内訳は犬で211092頭、猫で38433頭その合計国内シェアーは実に20.0%を占めます。

動物愛護の観点からも検疫上の問題からも、「ペットを飼ったらマイクロチップを」という流れに進んでいることは世界的に見ても間違いありません。行政まかせにするのではなく、飼い主自身が意識を高めて普及が進めば、おのずと状況は変わっていくことでしょう。なぜなら大切なペットとずっと一緒にいるために、マイクロチップは最も有効な個体識別方法なのですから。
a:9809 t:2 y:4
目次へ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional