株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症は、老犬期の小型犬に多くみられる心臓病で、犬の心臓病の大多数を占めています。
発症すると、主に乾いた咳や呼吸困難などの症状が現れます。
心臓弁膜症 僧房弁逆流と呼ばれることもあり、これらはほぼ同じ病気です。
目次へ

原因

  • 僧帽弁とは、心臓の左心房と左心室の間に存在する弁で血液が逆流しないようにする重要な役割を果たしています。
    この弁が障害を起こす異常が、僧帽弁閉鎖不全症を引き起こします。
    犬の僧帽弁閉鎖不全は、主に僧帽弁(左心房と左心室の間にある弁)と、
    それを支持する腱索が障害されることに起因します。
    遺伝病の一種と言われてます。
    目次へ

症状

この病気は進行性で数年の間に病状は進行し、血液の逆流量も増えます。結果、徐々に運動能力は落ちていき、散歩中に息切れや、肩で息をするようになり、途中で休憩することが多くなります。

  • 呼吸困難、繰り返す咳
  • 運動を嫌がる、食欲不振・元気喪失
    目次へ

診断

  • 高齢の小型犬に多いこの病気は、早期発見・早期治療が肝心です。
    目次へ

治療

  • 残念ながら、この病気を完全に治す方法はありません。
    投薬によって血管を拡張し心臓への負担を軽減し、病気の進行を抑えます。
    肺水腫などを併発した場合はその治療を行います。
    目次へ

よく見られる犬種

  • 小型犬に多い
    キャバリアキングチャールズスパニエル
    マルチーズ・
    ヨークシャー・テリア
    シーズー
    チワワ
    プードル
    ダックスフント・
    ミニチュア・シュナウザー
    目次へ

a:1718 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional