株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

免疫介在性貧血

免疫介在性貧血

免疫介在性溶血性貧血は体内に侵入した病原菌などを退治する免疫システムが、自己の赤血球を破壊して貧血を起こす病気です。
遺伝が関与すると推測される。

原因

  • 赤血球の表面に免疫抗体が結合して、赤血球が破壊されて起こる貧血のことであり2つのタイプがあります。
  1. 赤血球に免疫反応がむけられるタイプ
  2. 赤血球に付着した何らかの物質(薬物)に対して免疫はんのが向けられるタイプ
    目次へ

症状

  • 疲れやすい、運動を嫌う、すぐ息切れする、元気がないなどの症状や、多飲多尿、食欲低下、嘔吐、脈が速い、息が速いなどです。
    目次へ

治療

  • ステロイドなどの免疫抑制剤の投与
    重症の場合は輸血を行う。
    ただし輸血により症状が悪化する場合があります。
    目次へ

予防

  • 当症は原因不明であり予防は困難
  • ただし放置すると死亡に至る
    目次へ

よく見られる犬種

  • マルチーズ
  • プードル
  • シーズー
  • コッカースパニエル
    目次へ

a:1880 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional