株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

動脈管開存症

動脈管開存症 :PDA

  • 動脈管とは肺動脈と大動脈をつなぐ血管です。この血管は子犬が母犬のおなかの中にいる時、肺呼吸の必要がない時には必要ですが、生後は肺呼吸が必要になり、数日でこの動脈管は閉鎖します。しかしこれが閉じないで残る状態が動脈管開存症という病気です。この病気のことをPDAとも呼ばれてます。
    先天性の病気です
    動脈管開存症の図解説明
    目次へ

原因

  • 犬では最も多い先天的な心臓病であり、胎児期に使用され、生まれてくる前後で閉じてしまう胸部大動脈と肺動脈を繋ぐ血管が、それ以降も閉じない事が原因で血液循環に問題を起こします。大動脈から肺動脈への血流が行われる為、肺血管と左心房に大きな負荷をかけてしまいます。
    目次へ

症状

  • 心雑音で発見されます。  まったくの無症状から重度のうっ血性心不全まで幅広く兆候が見られ、無症状の場合は身体検査の際、心雑音により発見されたりします。
  • 進行すると、元気がない、食欲不振、すぐ疲れる、呼吸困難等を起こし、左心不全や突然死を起こしてしまう恐れもあります。
    目次へ

診断

  • 動脈管開存症:PDA の大きな特徴は心雑音であり、ワクチン接種時の健康診断で見つかることが多くあります。
  • 心雑音が発見された患者さんには、心臓の精密検査を受けてもらいます。
    目次へ

治療

  • 外科的処置が可能であれば手術を勧めます。
  • 手術が困難である場合は食事療法や安静療法と言った内科的処置が取られます。
  • 血管拡張薬、利尿剤、強心剤と言った薬物療法も並行して行われます。
  • 手術後は、健康な犬と何ら変わらず生活することができます。
    目次へ

よく見られる犬種

  • ミニチュアダックスフンド・コーギー・ポメラニアン・シェットランドシープドッグ・ヨークシャーテリア・マルチーズ
    目次へ

a:4722 t:1 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional