株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

単一遺伝子疾患

単一遺伝子疾患(single gene disorders)

単一遺伝子疾患はメンデル遺伝子疾患とも言い、メンデルの法則で有名な学者の名前からとったものである。動物の体は多数の遺伝子で作られているが、そのうちの一つの遺伝子の異常によって、発症すると考えられる。遺伝様式により単一遺伝子疾患は主に常染色体優性、常染色体劣性、X連鎖性の3つに分かれる。動物は両親から1個づつ遺伝子をもらい正常遺伝子を白丸、病気の遺伝子を黒丸とした場合
健康体は白白の組合せで表現するが、白黒のように黒丸1個でも病気になるのが優性遺伝病であり、劣性遺伝の場合は黒丸1個では病気にならずキャリアーになり、黒丸2個で発症(アフェクテッド)となります。
遺伝子病について

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional