株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

回虫幼虫移行症

回虫幼虫移行症

病原体:犬回虫 猫回虫

関係する動物:犬、猫

感染経路:ごくまれに犬猫のフン中の回虫卵が人の口から入り、幼虫が体内を迷走することがある。

砂場の砂に混入した回虫の虫卵が手につき人体に感染する。成熟卵が体内に入っても、成虫にならず、幼虫のまま体内の臓器を移行するため、幼虫移行症とも呼ばれており肝臓や眼などの各所の臓器に入り込みます。

感染した人の症状

回虫の幼虫が移行する場所によって内臓移行型と眼内移行型に分かれます。

  • 内臓移行型では発熱、肺炎、肝臓の腫れが見られます。
  • 眼内移行型では視力障害や最悪の場合失明も。

予防方法

  • 人   砂場で遊んだり、ペットを触った後は手洗いの励行
  • ペット  犬猫の駆虫を行うこと。特に幼齢期の犬猫とその母犬 母猫
    a:1529 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional