株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

断尾と狼爪の切除

断尾と狼爪の切除

  • 断尾跡や狼爪の切除跡の傷跡が残り、困ったことはありませんか?

 断尾跡や狼爪の切除跡の傷跡が残り、困ったことはありませんか?
 受け入れ時の身体検査では、不適切な断尾や狼爪切除の傷跡が原因で、
 返品させていただく場合があります。

  • 原因は

 原因として、断尾や狼爪切除の時期・方法が問題になっている事が多いようです。

  • 正しい方法は

 そこで、今回は断尾・狼爪切除の方法をご紹介させていただきます。
 ぜひ参考にして頂ければと思います。
 また、爪切り用の止血剤、クイックストップ(動物用医薬品)の皮膚への 使用は避けてください。皮膚を化学的に焼いてしまいます。

断尾

  • 適切な時期は
    適切な断尾の時期は生後5-7日ですが、コーギーは尾の根本が太いため、生後2-3日でされています。
  • 断尾方法は
    犬の尾椎は20~25個あって、体の外から触れる最初の尾椎が第4番目ないし第5目の骨です。
    • 子犬をしっかり保定
      断尾の方法は、まず子犬をしっかり保定し、尾を消毒します。ガーゼなどで尾の基部をしっかりと巻き、輪ゴムやパンツのゴムで縛ります(駆血)。
    • 断尾の場所は
      断尾したい場所から犬の頭の方向に皮膚を引っ張りよせて、切断する予定の骨と骨の間(関節)より、1~2cm後ろを横から見て、V字型になるように切皮します。
    • 切断方法と処置 
      切皮した場所の関節を鋏やメスで切断します。その後、1-2糸の皮膚縫合を行い、抜糸は1週間-10日後に行います。
      鋏で直接断尾する時も、同じように皮膚を頭の方向に引っ張りよせて、少し後ろの関節で切断すると、尾の先端の皮膚が足らずに、中から骨が見えてしまう失敗が防げます。
      早すぎる抜糸や、中から骨が見える状態は、感染症にかかりやすく危険なため注意が必要です。
      輪ゴムやパンツのゴムで縛ります(駆血)。断尾したい場所から犬の頭の方向に皮膚を引っ張りよせて、切断する予定の骨と骨の間(関節)より、1~2cm後ろを横から見て、V次字型になるように切皮します鋏で直接切断する時も、同じように皮膚を頭の方向に引っ張りよせて、少し後ろの一で切断すると、尾の先端の皮膚が足らずに、中から骨が見えてしまう失敗が防げます
      切皮した場所で鋏やメスで断尾します。その後、1-2糸の皮膚縫合を行い、抜糸は1週間-10日後に行います

狼爪切除

  • 切除場所は?
    前肢の親指には3つの骨(赤色、青色、黄色)がありますが、後肢の親指(狼爪)では、赤色あるいは青色の骨がなく、その部分が皮膚のみの場合があります。皮膚がくっついているだけなら、そこから先を切除するだけで大丈夫です。爪は黄色の骨の外側にあります。赤色と青色の骨がある場合は、赤色と青色の間(関節)へ鋏を入れて、青色の骨を全て切断します。この時、狼爪を外側にひねりながら(外転)、行います。関節ではなく、赤色や青色の骨の途中で切断してしまうと骨髄腔が露出して骨髄炎の原因となります。赤色の骨は残ります。
  • 切除時期は?
    狼爪切除の時期は、生後5-7日と生後早い時期をおススメします。狼爪切除は毛刈りの必要はなく、狼爪周辺の消毒を行います。その後、1-2糸の皮膚縫合を行い、抜糸は1週間-10日後に行います。
    前肢の親指には3つの骨(赤色、青色、黄色)がありますが、後肢の親指(狼爪)では、赤色あるいは青色の骨がなく、その部分が皮膚のみの場合があります。皮膚がくっついているだけなら、そこから先を切除するだけで大丈夫です。爪は黄色の骨の外側にあります。赤色と青色の骨がある場合は、赤色と青色の間(関節)へ鋏を入れて、青色の骨を全て切断します。この時、狼爪を外側にひねりながら(外転)、行います。関節ではなく、赤色や青色の骨の途中で切断してしまうと骨髄腔が露出して骨髄炎の原因となります。赤色の骨は残ります。※狼爪はあっても受入出来ます。ただし、小型犬の2本の狼爪と猫の狼爪は受入出来ません。

最適な時期を逃した場合は

☆断尾や狼爪切除の適切な時期が過ぎた場合は、必要に応じて病院での処置をお願いします。
※狼爪はあっても受入出来ます。ただし、小型犬の2本の狼爪と猫の狼爪は受入出来ません。
※断尾してない犬の受入れは犬種によりできない場合もあるので、詳細は担当バイヤーに相談して下さい。
断尾してない場合受入不可能な犬種 ミニチュア・ピンシャー ミニチュアシュナウザー アメリカンコッカー・スパニエル ウェルッシュコーギー・ペンブローク・トイプードル・ジャックラッセル・テリア ヨークシャー・テリア ボストン・テリア
a:8884 t:2 y:14

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional