株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

水頭症

水頭症

  • 水頭症は、まさしく、頭の中(脳)に水がたまっている状態(脳内の液体成分(脳脊髄液)が過剰に貯留し、脳室が異常に拡張した状態)のことです。無症状のこともありますが、うまく歩けなくなる、動作が緩慢になるといった症状が見られることもあります。
    画像の説明画像の説明
    バイオプラスでのCTを使った診断風景とスキャン画像
    目次へ

症状

  • 痴呆の疑い、しつけの覚えが悪い、ぼんやりや寝ている時間が多い、
    歩き方がおかしいなど。水頭症の症状としては、トレーニングしてもなかなか覚えない。
    活動量の低下、ぼんやりしている時間や眠っている時間が多い、急に鳴き出したり、ひどく興奮したりする、といったものがあります。また、歩き方がおかしい(歩様の異常)、よく転ぶ、うまく立ち上がれない、といった症状やけいれん発作、斜視、眼振、視覚喪失などがみられることもあります。しかし、水頭症があっても、特に目立った症状が現れない場合もあります。
    目次へ

原因

  • 先天的(遺伝)な原因と後天的な原因がある
    水頭症は、脳内の液体成分(脳脊髄液)が過剰に貯留し、脳室が異常に拡張した状態です。
    脳脊髄液の流れが滞って過剰に貯留するタイプ(閉塞性)と、脳細胞が何かの原因で破壊されたり、十分に発育しなかったりした部分に脳脊髄液が貯留するタイプ(代謝性)があります。
    どちらのタイプも、先天的な原因や遺伝で起こることもあれば、後天的な原因(頭部の外傷、ウイルス感染による脳炎、脳腫瘍など)で起こることもあります。
    目次へ

発症しやすい犬種 

  • ミニチュア・ダックスフンド、トイプードル ペキニーズ、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、パグ マルチーズなどの小型犬種で短吻系に多く見られます。共通しているのは頭蓋骨が大きく骨の薄い犬種です。 [#wc078b9f]
    目次へ

治療

  • 内科的治療と外科的治療がある。他の病気が原因の場合は、その病気の治療を行う。水頭症の治療では、脳脊髄液の量を減らし、脳圧を下げる薬剤を用いる内科的治療と、脳にたまった脳脊髄液を腹腔などに流すための手術をおこなう外科的治療があります。
    他の病気が原因となっている場合には、その病気の治療も行います。
     
    目次へ
    a:3834 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional