株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

犬猫の眼病

犬猫の眼病

犬・猫の角膜炎

短頭種は目の露出部分が多いので要注意!

  • 症状
    • 目ヤニ、多涙、眼をショボショボさせる
      角膜(黒眼の表面の透明な部分)の一部が白くなったり、それに伴い結膜(まぶたの裏側や白目の表面)が充血することもあります。眼脂(目ヤニ)がたくさん出て、痛そうに眼をショボショボさせる、涙が多くなるなどの症状がでます。角膜が融けて角膜潰瘍になり、穿孔することもあります。慢性化すると、色素沈着や血管の新生などが起こり、視力が障害されます
      角膜の白濁と結膜の充血
  • 原因
    外傷、涙の不足、感染、など
    • 傷…目をこする、まつ毛や体毛が目に入る、シャンプーが目に入る、<角膜の白濁と結膜の充血>遊んでいて木の枝や他の犬の歯や足があたるなど。眼の大きい品種や短頭種は傷つきやすいです
    • 涙が少ない…涙は本来、角膜の上を常に覆っていて、感染や乾燥から角膜を守り、また酸素を供給するなどして、健康で透明な角膜を維持する役割をはたしています。この涙が少ないと、角膜の乾燥・感染・酸素の低下などが起こり、角膜炎になります。短頭種の一部では、眼の露出面積や表面のカーブが大きい(出っ張っている)ため、もともと角膜全体に涙が行き渡りにくく、繰り返し角膜炎を起こすことがあるので、注意が必要です。
    • イヌ伝染性肝炎などのウイルスや細菌による全身性の感染症
      角膜潰瘍・角膜が窪んでいる
  • 診断 傷の有無、炎症の深さ、涙量
    • 染色液を使い、角膜損傷部分の位置や深さを調べます。
    • 涙の量を測定します。
    • 原因が特定できない場合、血液検査により、内分泌や免疫などに異常がな
      いか調べます。
  • 治療 点眼 他
    • 外傷…角膜を保護し、感染症を防ぐため、症状に合わせた点眼薬を使用し、手術を適用することもあります。
    • 涙の分泌が少ない場合には、涙の分泌を促進させたり補ったりする点眼薬を用います。
    • 全身性の疾患には、原因となる疾患の治療と眼の治療を並行して行います。
      乾燥性角膜炎・ねばねばした目ヤニが特徴的です。
  • 予後 
    • 症状が落ち着いても、点眼をやめると再発する場合がありますので、獣医師の指示に従ってください。
      潰瘍のあとは、治癒しても白く残ることが多くみられます。この場合病気は治っていますが、涙量が少なかったり、表面全体に行き渡りにくい目の形の場合、涙を補う点眼によるコントロールが生涯必要になることもあります。
      a:3920 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional