株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

猫ひっかき症

猫ひっかき症

名前の通り猫に引掻かれたり、噛まれたりして発症する病気です。
病原体を持ってる犬やノミからも感染する場合もあります。
ノミの発生時期の7月~12月に多発

病原体

バルトネラ菌  猫ノミが媒介 猫の5~20%が保菌

関係する動物

猫(特に子猫) 犬  ノミ

感染経路

ひっかき傷、噛み傷で感染する場合がある。
感染したノミにかまれた場合に感染

動物の症状

無症状

人の症状

潜伏期間は数日から2週間
傷口に近いリンパ節の腫れが続きまれに化膿するが、ほとんど軽症である。発熱やだるさの全身症状があっても軽い場合が多い。
発症者のうちまれに脳症を併発、リンパ節の腫脹後1~3週間で突然、痙攣や意識障害を発症。

人の予防法

飼っている猫の爪を切る。猫から噛み傷やひっかき傷を受けない。
ノミの駆除を定期的に実施

動物の予防

ノミの定期駆除を実施することにより、動物間での感染循環のサイクルを遮断する。
a:922 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional