株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

臍ヘルニア

臍ヘルニア

  • 犬の臍ヘルニア(さいヘルニア・へそヘルニア)とはいわゆる出べその事です。
    臍(へそから)腹腔内臓器の一部(脂肪や内臓)が外へ飛び出してしまっている状態です。

【症状】

  • 臍ヘルニアがあると、へその部分が膨らんで、いわゆる「出べそ」の状態になります。
  • ヘルニア部分が小さければ、「出べそ」以外の症状は認められません。
    しかし、ヘルニア部分が大きいと、そこに脂肪や大網だけでなく、腸の一部に入り込むことがあります。
    腸管がヘルニア部分に入り込み、もとに戻らなくなると、腸が閉塞したり、締め付けられて血行が滞ったりしてショックを起こすことがあります。この状態では、「出べそ」を押さえても引っ込まず、そこが熱を持ってくるようになります。嘔吐や腹痛、食欲不振症状が出ます。
    目次へ

【原因】

  • 先天性な形成不全によって起こりますが、その大半の原因は不明です。一部の犬種では、遺伝が関与していると考えられています。
    目次へ

【発症しやすい犬種】

  • シーズー、コリー、アメリカンコッカー・スパニエル、ビーグル、秋田犬、キャバリア、ペキニーズ
    目次へ

【治療】

  • 臍ヘルニアは、小さいものであれば、子犬が成長するにしたがって自然に閉じることがあります。
    そのため生後半年ほどは様子を見ることもあります。
    閉じない場合には、手術によって修復します。
    目次へ

【当社受入基準】

  • ヘルニア輪が虹彩の大きさを大きさを超えるもの受入不可(目安)。腸が逸脱するもの、ヘルニア内容物が固くしこり、腹腔にもどらないもの(嵌頓)は受入不可。
    目次へ
    a:2435 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional