株式会社AHBは動物と人間の幸せな共生社会の実現に貢献することを社会的使命とします。

若年性白内障

若年性白内障

  • 白内障は、人間の白内障と同様、眼の水晶体が白くにごってくる病気で、ときには視力(視覚)を失うことがあります。しかし、早い段階で治療を開始すれば、点眼薬や内服薬で白内障の進行を抑えることができます。早期発見・早期治療が大切な病気です
  • 犬にとって珍しくない眼疾患で、濁りが徐々に広がるにつれて視覚が奪われていきます。一度濁った水晶体は、元に戻ることはありません
    白内障

白内障の種類

  • 白内障は先天性(生まれながら)と後天性(生まれてから)のものがあり、後天性では発症した年齢により若年性(生後1から2年まで)・壮年性・老年性白内障に分類されます。若年性白内障は遺伝性疾患といわれてます。

症状は眼が白くにごり、視力が低下する

  • 白内障になると、眼の水晶体が白くにごり、視力(視覚)が低下します。それによって歩行がぎこちなくなり、よく物にぶつかる、階段などの段差につまずくなどの歩行時に異常が見られるようになります。しかし初期の白内障であれば、犬はわりと支障なく歩くことができます。そのため飼い主の発見が遅れる傾向にあります。白内障が進行してくると、視力(視覚)を完全に失うことがあります。白内障の症状の進行程度は原因によって様々で、短期間で急速に眼が見えなくなることもあれば、年単位でゆっくり進行する場合もあります。

治療方法

  • 発症初期段階は目薬による病気の進行抑制
  • 進行末期は白濁部分を吸引して取り除き眼内レンズを入れ視力確保、ただし網膜に異常がない場合のみ、網膜異常の場合視力は望めない。
    目次へ

若年性白内障にかかりやすい犬種一覧

  • ウエルッシュ・コーギ・ペンプルーク・ウエストハイランド・ホワイトテリア・ゴールデン・レトリーバー・パグ・プードル(トイ、ミニチュア、スタンダード)パピヨン、フレンチブルドッグ・ミニチュアシュナウザー・ヨークシャーテリア・ラブラドールレトリバー
    目次へ
    a:5672 t:2 y:17

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional